健康診断.com血液検査ガイド生化学検査総ビリルビン(T.B)>直接ビリルビン(D.B)

直接ビリルビン(D.B)とは

直接ビリルビンとは、総ビリルビンの内、水溶性のビリルビンのことを指します。血液検査では、主に総ビリルビンとの差(間接ビリルビンと直接ビリルビンの比)などを元に健康状態などを検査する項目として用いられます。

直接ビリルビン(D.B)の診断項目とポイント

血液検査における「直接ビリルビン(D.B)」の基準値や、基準値を超える(不足する)場合に疑うべき病気や治療法・改善方法などを解説します。

直接ビリルビン(D.B)の基準値(成人)

基準値(男性) 0.0〜0.2
基準値(女性) 0.0〜0.2
単位 mg/dl

 

直接ビリルビン(D.B)による診断ポイント

実際直接ビリルビンの値だけで健康状態を診断するのではなく、総ビリルビンおよび間接ビリルビンとの値を総合的に判断します。

総ビリルビンの数値が大きく、直接ビリルビンの値も伴って上昇している場合には、肝炎や胆石、胆道がんなどが疑われます。逆に、同条件で直接ビリルビンの値が上昇していない場合(間接ビリルビンの値が上昇している場合)は、肝臓の障害というよりも赤血球の破壊(溶血性の貧血など)が原因となっている可能性が高いです。

 

直接ビリルビン(D.B)の異常により疑うべき病気・原因

以下は、直接ビリルビン(D.B)の異常により疑う事ができる病気や原因です。ただし、以下に示した病気はあくまでも一例です。異常値であったからといって、すぐに病気というわけではありません。また、他の要因と連動して初めて病気として診断されるケースもありますので、ご注意ください。

・肝炎
・胆石
・胆道がん

 

 

治験ボランティア募集

現在下記の疾病や症状に対する治験ボランティアが募集されています。治験ボランティアにご参加いただける方には謝礼が用意されているケースがあります。

AGA治験モニター(男性型脱毛症)
糖尿病無償検診モニター(無償の血液検査付)

また、このほかの治験に関する情報は「治験情報サイトニューイング」などでも確認することができます。