健康診断.com血液検査ガイド生化学検査>ナトリウム

ナトリウムとは

血中の陽イオンのおよそ90%以上を占める。体内の水分補助や浸透圧調整を行います。血液検査では体液水分量の平衡状態を検査します。

ナトリウムの診断項目とポイント

血液検査における「ナトリウム」の基準値や、基準値を超える(不足する)場合に疑うべき病気や治療法・改善方法などを解説します。

ナトリウムの基準値(成人)

基準値(男性) 135〜150
基準値(女性) 135〜150
単位 mEq/l

 

ナトリウムによる診断ポイント

血液検査においてナトリウムがチェックされるのは蹴り、嘔吐、浮腫など水代謝異常が認められる場合に行われます。

 

ナトリウムの異常により疑うべき病気・原因

以下は、ナトリウムの異常により疑う事ができる病気や原因です。ただし、以下に示した病気はあくまでも一例です。異常値であったからといって、すぐに病気というわけではありません。また、他の要因と連動して初めて病気として診断されるケースもありますので、ご注意ください。

高値の場合
・嘔吐
・下痢
高カルシウム血症
クッシング症候群

低値の場合
腎不全
ネフローゼ症候群
肝硬変
妊娠中毒症
・利尿剤などを服用した場合。

治験ボランティア募集

現在下記の疾病や症状に対する治験ボランティアが募集されています。治験ボランティアにご参加いただける方には謝礼が用意されているケースがあります。

AGA治験モニター(男性型脱毛症)
糖尿病無償検診モニター(無償の血液検査付)

また、このほかの治験に関する情報は「治験情報サイトニューイング」などでも確認することができます。