健康診断.com血液検査ガイド血液検査の種類>定期健康診断における血液検査

定期健康診断における血液検査とは

職場等における労働災害等の予防を目的として年に1回以上の実施を事業主が義務付けられている健康診断です。健康診断項目に「血液検査」が含まれており、定期健康診断を実施する事により、詳細な血液検査の結果がわかります。

定期健康診断による血液検査の検査内容

定期健康診断では、場合にもよりますが、以下の項目の血液検査を実施します。

生化学検査項目
AST(GOT)(肝機能判定)
ALT(GPT)(肝機能判定)
γ-GTP(肝機能判定)
総コレステロール(脂質代謝判定)
HDLコレステロール(脂質代謝判定)
トリグリセライド(中性脂肪)(脂質代謝判定)

血球算定検査
赤血球数(RBC)(貧血判定)
・血色素量(貧血判定)

血糖値検査
血糖(糖代謝判定)

治験ボランティア募集

現在下記の疾病や症状に対する治験ボランティアが募集されています。治験ボランティアにご参加いただける方には謝礼が用意されているケースがあります。

AGA治験モニター(男性型脱毛症)
糖尿病無償検診モニター(無償の血液検査付)

また、このほかの治験に関する情報は「治験情報サイトニューイング」などでも確認することができます。