健康診断.com病気ガイド目の病気>眼精疲労

眼精疲労について

眼精疲労(がんせいひろう)とは、いわゆる疲れ目など目を酷使する事により異常反応が起こることを総じて指します。眼精疲労は目に関する症状以外にも漠然とした全身症状を伴う場合もあります。

眼精疲労に関する原因と治療法・予防対策

眼精疲労に関する原因や治療法またはその予防の為の対策などを解説していきます。

眼精疲労の症状

眼精疲労の症状としては、眼のかすみや痛み、疲れ眼、充血、涙の増加などの目に直接関連する症状の他、倦怠感や肩こり、めまいなどの全身的な症状を起す事もあります。

 

眼精疲労の原因

眼精疲労の原因は実に様々で、照明器具の不適切な利用、パソコン等の画面を長時間見続ける、風の強い場所での作業などが原因とされています。この他、ストレスなどが原因の心因性の眼精疲労もあります。
眼精疲労は原因がハッキリしない為、的確な治療が難しいのが特徴です。

 

眼精疲労の対策・予防策

眼精疲労は自覚症状が明らかであっても検診などで眼に対する異常が証明されにくい病気でもあります。

 

眼精疲労の治療法

眼精疲労の治療としては、その原因がはっきりしにくい事から、まずは検査を行い、原因が特定された場合はその治療を行います。その後生活環境や職場環境の見直しや休養などを通じて治療・回復を行います。

また、心因性(ストレス性)の眼精疲労が疑われる場合は、精神科での心理療法なども検討されます。

また、「アイブライト」と呼ばれるハーブは目に対して効果的なハーブと言われています。お茶にして飲んでもいいですし、コットンに浸して目をパックしても良いと言われています。

 

 

病気の一覧を紹介しています。

脳・神経系の病気

脳梗塞 脳血栓症 脳塞栓症 脳出血 クモ膜下出血 パーキンソン病 てんかん 神経痛 認知症

がん(癌)

肺ガン 食道ガン 胃ガン 大腸ガン 肝臓ガン 膵臓ガン 上顎ガン 喉頭ガン 咽頭ガン 皮膚ガン 急性白血病 慢性白血病 多発性骨髄腫 悪性リンパ腫 腎臓ガン

腎臓・尿路の病気

腎不全 ネフローゼ症候群 急性糸球体腎炎 慢性糸球体腎炎 IgA腎症 尿路感染症 尿路結石 前立腺肥大症

目の病気

白内障 緑内障 糖尿病性網膜症 老人性黄斑変性症 眼精疲労 ドライアイ 結膜炎

胃腸・食道の病気

胃下垂 急性胃炎 慢性胃炎 胃ポリープ 大腸ポリープ 胃潰瘍 十二指腸潰瘍 虫垂炎 腸閉塞 潰瘍性大腸炎 食中毒

肝臓・胆のう・膵臓の病気

肝硬変 A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎 脂肪肝 胆石 胆のう炎・胆管炎 急性膵炎

心臓・血管の病気

心筋梗塞 狭心症 心不全 高血圧 不整脈 心臓弁膜症 突発性心筋症 心筋炎 大動脈瘤 閉塞性動脈硬化症 低血圧症 動脈硬化

肺・気管支の病気

肺炎 肺結核 気管支炎 気管支拡張症 気管支喘息(ぜんそく) 肺気腫 自然気胸 胸膜炎

血液・造血器の病気

貧血 二次性貧血 鉄欠乏性貧血 再生不良性貧血 巨赤芽球性貧血 溶血性貧血 出血傾向

骨・間接・筋肉の病気

変形性脊椎症 変形性関節症 椎間板ヘルニア 五十肩 骨粗鬆症 進行性筋ジストロフィー

耳鼻咽喉の病気

中耳炎 突発性難聴 メニエール病 副鼻腔炎 アレルギー性鼻炎

皮膚の病気

アトピー性皮膚炎 じんましん(蕁麻疹) 薬疹

内分泌系の病気

バセドウ病(甲状腺機能亢進症) 甲状腺機能低下症 橋本病(慢性甲状腺炎) アルドステロン症 クッシング症候群 褐色細胞腫 副腎性器症候群 副腎不全

代謝系の病気

糖尿病 高脂血症 痛風

女性特有の病気

生理不順 生理痛 不妊症 月経前症候群 子宮内膜症 子宮筋腫

膠原病・免疫疾患

関節リウマチ 全身性エリテマトーデス シェーグレン症候群 円形脱毛症 ペーチェット病 エイズ

精神の病気

神経症 自律神経失調症 うつ病 心身症

寄生虫による病気

アニサキス症 マラリア テング熱

その他病気(救急疾患・全身疾患・アレルギー疾患)

多臓器不全 日射病 熱射病 睡眠時無呼吸症候群 敗血症 風邪症候群 インフルエンザ 花粉症 メタボリックシンドローム

 

治験ボランティア募集

現在下記の疾病や症状に対する治験ボランティアが募集されています。治験ボランティアにご参加いただける方には謝礼が用意されているケースがあります。

AGA治験モニター(男性型脱毛症)
糖尿病無償検診モニター(無償の血液検査付)

また、このほかの治験に関する情報は「治験情報サイトニューイング」などでも確認することができます。