健康診断.com病気ガイド肺・気管支の病気>気管支喘息

気管支喘息について

気管支喘息(きかんしぜんそく)とは、気管支が近い範囲で急激に収縮を起こし細くなる病気を指し、呼吸困難を伴います。重症の気管支喘息の場合は精神不安定や失神など生命に関する症状を引き起こす事もあります。

気管支喘息に関する原因と治療法・予防対策

気管支喘息に関する原因や治療法またはその予防の為の対策などを解説していきます。

気管支喘息の症状

気管支喘息の症状としては、息苦しさを感じる事が主な症状として現れ、激しい咳や嘔吐感などを伴う場合もあります。さらに、気管支喘息が重症になると錯乱や失神などといった精神に異常をきたすこともあり、生命上の危険にさらされる可能性もあります。

 

気管支喘息の原因

気管支喘息は原因物質(アレルゲン・抗原物質など)と呼ばれるものが気管支内部に吸い込まれて、粘膜で免疫グロブリンE(IgE)抗体が抗原抗体反応を起こし、各種化学伝達物質が放出される事によって起こるとされています。
これらの化学物質は気管支を収縮させ、粘膜に過剰な水分を蓄積させる事により気管支の内膣が狭くなり呼吸ができなくなります。
さらに、気管支喘息になってしまうと、気管支の炎症状態が続き(慢性の炎症状態)、わずかな原因物質でも発作を引き起こすようになります。この他、過労や寝不足、飲酒、風邪などは発作を引き起こす誘引となります。 主な気管支喘息の原因物質としてはアトピー型のダニやハウスダストなどが知られています。

 

気管支喘息の対策・予防策

気管支喘息になってしまった場合は、日常から生活態度に配慮する(節酒・安静・風邪の予防)他、原因物質を避けたり、マメな換気を行うなどの生活習慣を身につけるようにしましょう。

 

気管支喘息の治療法

気管支喘息の治療法として、発作を抑える薬(対応救急薬)や吸入ステロイド薬を通じた慢性の炎症状態を治す薬を投与して治療を進めていきます。

 

 

病気の一覧を紹介しています。

脳・神経系の病気

脳梗塞 脳血栓症 脳塞栓症 脳出血 クモ膜下出血 パーキンソン病 てんかん 神経痛 認知症

がん(癌)

肺ガン 食道ガン 胃ガン 大腸ガン 肝臓ガン 膵臓ガン 上顎ガン 喉頭ガン 咽頭ガン 皮膚ガン 急性白血病 慢性白血病 多発性骨髄腫 悪性リンパ腫 腎臓ガン

腎臓・尿路の病気

腎不全 ネフローゼ症候群 急性糸球体腎炎 慢性糸球体腎炎 IgA腎症 尿路感染症 尿路結石 前立腺肥大症

目の病気

白内障 緑内障 糖尿病性網膜症 老人性黄斑変性症 眼精疲労 ドライアイ 結膜炎

胃腸・食道の病気

胃下垂 急性胃炎 慢性胃炎 胃ポリープ 大腸ポリープ 胃潰瘍 十二指腸潰瘍 虫垂炎 腸閉塞 潰瘍性大腸炎 食中毒

肝臓・胆のう・膵臓の病気

肝硬変 A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎 脂肪肝 胆石 胆のう炎・胆管炎 急性膵炎

心臓・血管の病気

心筋梗塞 狭心症 心不全 高血圧 不整脈 心臓弁膜症 突発性心筋症 心筋炎 大動脈瘤 閉塞性動脈硬化症 低血圧症 動脈硬化

肺・気管支の病気

肺炎 肺結核 気管支炎 気管支拡張症 気管支喘息(ぜんそく) 肺気腫 自然気胸 胸膜炎

血液・造血器の病気

貧血 二次性貧血 鉄欠乏性貧血 再生不良性貧血 巨赤芽球性貧血 溶血性貧血 出血傾向

骨・間接・筋肉の病気

変形性脊椎症 変形性関節症 椎間板ヘルニア 五十肩 骨粗鬆症 進行性筋ジストロフィー

耳鼻咽喉の病気

中耳炎 突発性難聴 メニエール病 副鼻腔炎 アレルギー性鼻炎

皮膚の病気

アトピー性皮膚炎 じんましん(蕁麻疹) 薬疹

内分泌系の病気

バセドウ病(甲状腺機能亢進症) 甲状腺機能低下症 橋本病(慢性甲状腺炎) アルドステロン症 クッシング症候群 褐色細胞腫 副腎性器症候群 副腎不全

代謝系の病気

糖尿病 高脂血症 痛風

女性特有の病気

生理不順 生理痛 不妊症 月経前症候群 子宮内膜症 子宮筋腫

膠原病・免疫疾患

関節リウマチ 全身性エリテマトーデス シェーグレン症候群 円形脱毛症 ペーチェット病 エイズ

精神の病気

神経症 自律神経失調症 うつ病 心身症

寄生虫による病気

アニサキス症 マラリア テング熱

その他病気(救急疾患・全身疾患・アレルギー疾患)

多臓器不全 日射病 熱射病 睡眠時無呼吸症候群 敗血症 風邪症候群 インフルエンザ 花粉症 メタボリックシンドローム

 

治験ボランティア募集

現在下記の疾病や症状に対する治験ボランティアが募集されています。治験ボランティアにご参加いただける方には謝礼が用意されているケースがあります。

AGA治験モニター(男性型脱毛症)
糖尿病無償検診モニター(無償の血液検査付)

また、このほかの治験に関する情報は「治験情報サイトニューイング」などでも確認することができます。