健康診断.com健康管理ガイド薬の使い方ガイド薬と副作用>いつもの薬といって過信しない

いつもの薬といって過信しない

薬の中には飲んだ薬が抗原となってしまい、その抗原に対する抗体が体内で生成されることがあります。薬物アレルギーと呼ばれアレルギー体質の人も、そうでない人も注意が必要となります。

薬によるアレルギー反応

薬は薬自体が抗原となり、それに対する抗体が体内で作られることにより薬物アレルギーを引き起こすことがあります。薬物アレルギーは同じ薬を飲み続けることにより抗体ができてしまったり、複数の薬を飲み合わせているうちに作られることもあります。

このように、薬を飲んだ後に少し変な症状が出たけど、いつも飲んでいる薬だから大丈夫ということはありません。薬物アレルギーの一般的な症状としては、じんま疹やショックまで多岐にわたります。
対応の仕方も薬の種類により異なりますので、薬を飲んで妙だなと思ったら医師に相談しましょう。

 

治験ボランティア募集

現在下記の疾病や症状に対する治験ボランティアが募集されています。治験ボランティアにご参加いただける方には謝礼が用意されているケースがあります。

AGA治験モニター(男性型脱毛症)
糖尿病無償検診モニター(無償の血液検査付)

また、このほかの治験に関する情報は「治験情報サイトニューイング」などでも確認することができます。