健康診断.com>尿検査ガイド

尿検査とは

尿検査とは、一般的な健康診断でも実施される検査項目で、尿中に存在する細胞やたんぱく質、糖などにより身体の健康状態を検査します。主に、腎臓系や尿路系の疾患を発見するのが目的ですが、これらの結果から糖尿病や肝臓病、膠原病や骨髄腫、がんなどの発見につながることもあります。

尿検査の検査項目について

尿検査は非常に一般的な検査項目の一つで、定期健康診断(法定健康診断)や学校での健康診断等でも利用されています。患者にとって痛みがないのも特徴の一つで、様々な病気やその兆候を知る事ができます。

尿検査でわかる病気

尿検査では、腎臓・尿路・前立腺に関する様々な病気について知る事ができます。また、この他にも糖尿病や肝臓病を始めとした様々な病気について診断をする事が可能となります。

 

尿検査の検査方法

尿検査では、大きく、色や比重など尿をそのまま調べる尿検査法と尿中の成分を調べる方法があります。成分検査の場合、pH、タンパク、糖、ウロビリノーゲン、潜血、ケトン体、比重、亜硝酸塩などの成分を検査します。

 

尿検査の検査項目

尿検査では大きく「尿蛋白」「尿糖」「尿潜血反応」「尿ウロビリノーゲン」「尿比重」などが検査項目とされます。ここでは、それぞれの尿検査項目からわかる様々なポイントについてわかりやすく解説していきます。
尿蛋白
尿糖
尿潜血反応
尿ウロビリノーゲン
尿比重

 

排尿のしくみ

尿は実際にどのような経路を経て排尿されるのでしょうか?ここでは、排尿のメカニズムから尿に関する健康診断の方法を解説していきます。

 

家庭でもできる尿検査

近年では、家庭でも検査が可能な尿検査キットが販売されています。定期的に健康診断に行っていない人は、家庭用検査キットを使って自分で尿検査を試してみてはいかがでしょうか?

治験ボランティア募集

現在下記の疾病や症状に対する治験ボランティアが募集されています。治験ボランティアにご参加いただける方には謝礼が用意されているケースがあります。

AGA治験モニター(男性型脱毛症)
糖尿病無償検診モニター(無償の血液検査付)

また、このほかの治験に関する情報は「治験情報サイトニューイング」などでも確認することができます。