健康診断.com尿検査ガイド尿検査の検査項目>尿比重

尿比重

尿比重は通常、弱陽性(+)から擬陽性(±)が正常値です。強陽性(++)または陰性(-)の場合は主に肝臓系になんらかの疾患があることが疑われます。

尿比重とは

尿比重とは、尿に含まれている水分とそのほかの成分の割合を指します。尿の量とその濃度は体内の水分量・電解質のバランスに応じて腎臓で調整されますが、この数値が以上であった場合は腎臓の尿濃縮能力・希釈能力、体内の水分と電解質のバランスなどの状態がおかしいことがわかります。

 

尿比重が強陽性・陰性となる原因

尿比重の基準値は1.010〜1.030とされていますが、健康な人でも条件によって変動することがあります。なお、尿の比重が1.01以下の場合は脳の濃縮能力が低下しており、水分が多く排出される腎不全利尿期・尿崩症などが考えられます。
逆に、1.03以上の場合は腎不全による乏尿、ネフローゼ症候群、糖尿病、心不全、脱水症状などがリスク要因として考えられます。

 

治験ボランティア募集

現在下記の疾病や症状に対する治験ボランティアが募集されています。治験ボランティアにご参加いただける方には謝礼が用意されているケースがあります。

AGA治験モニター(男性型脱毛症)
糖尿病無償検診モニター(無償の血液検査付)

また、このほかの治験に関する情報は「治験情報サイトニューイング」などでも確認することができます。