健康診断.com尿検査ガイド尿検査の検査項目>尿潜血反応

尿潜血反応

尿潜血反応(にょうせんけつはんのう)は陽性の場合、尿の中に血液が含まれていることになります。肉眼でも見える場合もありますが、肉眼では確認できない場合があります。一般的には排出先に近いところで出血している場合ほど色は鮮やかとなります。

尿潜血反応とは

尿潜血反応とはその名前のとおり、尿の中に血液が混じっていることを示す反応です。血尿は肉眼でも把握できる場合がありますが、ごく微量の場合でも疾患の恐れがありますので、こうした尿潜血反応を調べることで微量の潜血であっても調べることができます。

尿潜血反応が陽性の場合、主に腎臓や尿管、膀胱といった尿の尿路・尿道になんらかの異常が起きている場合ことが考えられます。

 

尿潜血反応が陽性となる原因

前述のとおり、腎臓系の疾患や膀胱における疾患が考えられます。その原因は多数ありますが、多くは結石であったり炎症であることが多いのですが、場合によっては腫瘍がある可能性もあります。

このほか、生理中の女性では陽性反応が出る他、一部の鎮痛解熱剤や抗生剤、利尿剤を利用している場合でも擬陽性または陽性反応がでる場合がありますが、この場合は問題ありません。(精密検査または再検査で判定できます)

 

治験ボランティア募集

現在下記の疾病や症状に対する治験ボランティアが募集されています。治験ボランティアにご参加いただける方には謝礼が用意されているケースがあります。

AGA治験モニター(男性型脱毛症)
糖尿病無償検診モニター(無償の血液検査付)

また、このほかの治験に関する情報は「治験情報サイトニューイング」などでも確認することができます。