健康診断.com尿検査ガイド>尿検査の検査方法

尿検査の検査方法について

尿検査では、大きく、色や比重など尿をそのまま調べる尿検査法と尿中の成分を調べる方法があります。成分検査の場合、pH、タンパク、糖、ウロビリノーゲン、潜血、ケトン体、比重、亜硝酸塩などの成分を検査します。

尿検査紙による検査

尿検査紙とは、米国で開発された検査紙です。現在では、1枚の尿検査紙で1〜10項目まで測定する事ができます。これらは各医療施設で用いられている他、薬局などでもセルフ尿検査紙として販売されています。

尿検査紙は一般に細長いプラスチック状のスティックに試薬をしみこませたろ紙を貼り付けたものです。この尿検査紙で検査できる項目としては尿pH・比重・蛋白・糖・潜血・ケトン体・ビリルビン・ウロビリノーゲン・白血球などがあります。(なお尿検査紙は販売メーカーにより試薬の反応原理などが異なりますので、家庭キットでの利用については、添付文章をよく読んでからご利用ください。)

 

尿検査キットの販売情報

家庭でも比較的簡単に実施できる尿検査キットがインターネット上で販売されています。ベストは健康診断でキチンと検査してもらう事ですが、異常を感じる場合や時間が取れなくて健康診断にいけない方にはオススメです。
>>家庭用尿検査キット