健康診断.comX線検査ガイド>SPECT

SPECT(単一光子放射断層撮影)とは

SPECT(スペクト)とは、画像診断法の一種です。体内に投与した放射性同位体から放出されるガンマ線を検出してその分布を断層画像にしたものです。PETなどと同じように生体の機能を観察する目的で行われる検査で、脳血管障害やガン、心臓病などの早期発見に有効とされます。

SPECT検査の原理

SPECT検査は、体内に投与した放射線同位体から放出される「γ線(ガンマ線)」を検出して、その分布を断層画像にすうrことで、脳血管障害や心臓病、ガンなどの早期発見に有効とされている検査手法です。
放射線同位体を体内に注入するという事から、被爆などの影響を考慮される方が多いと思いますが、実際にSPECT検査による総被爆量は通常のレントゲン検査による被爆量とほぼ同様とされています。

近年では、SPECTによる画像表示とCTMRIによる断層画像の組合せも行えるようになっており、さらに詳細なSPECT検査が行えるようになっています。

治験ボランティア募集

現在下記の疾病や症状に対する治験ボランティアが募集されています。治験ボランティアにご参加いただける方には謝礼が用意されているケースがあります。

AGA治験モニター(男性型脱毛症)
糖尿病無償検診モニター(無償の血液検査付)

また、このほかの治験に関する情報は「治験情報サイトニューイング」などでも確認することができます。