健康診断.com血液検査ガイドがん検査(腫瘍マーカー)>AFP

AFP / 腫瘍マーカー(癌検査)

AFPは腫瘍マーカーの一つで、主に肝臓がんのスクリーニングに用いられます。こちらも胎児に見られるたんぱく質で出生後には減少しますが、肝臓がんになると増加します。AST(GOT)ALT(GPT)と一緒に検査されます。

AFP(腫瘍マーカー)の診断項目とポイント

血液検査における「AFP(腫瘍マーカー)」の基準値や、基準値を超える(不足する)場合に疑うべき病気や治療法・改善方法などを解説します。

AFP(腫瘍マーカー)の基準値(成人)

基準値(男性) 〜20
基準値(女性) 〜20
単位 ng/ml

 

AFP(腫瘍マーカー)による診断ポイント

AFPは「肝がん」のスクリーニング検査として行われる血液検査の一種です。前述の通り、生化学検査であるAST(GOT)ALT(GPT)と一緒に診断されます。

 

AFP(腫瘍マーカー)の異常により疑うべき病気・原因

異常値を越えることで、肝がん(肝臓がん)の疑いが高くなります。ただし、肝がんであっても値が異常値にならないケースもありますので、これだけで100%診断できるわけではありません。ただし、肝臓がんの治療・治癒によって数値は下がるため、治療や手術の効果を確かめる上でもかかせない腫瘍マーカーの一つです。

治験ボランティア募集

現在下記の疾病や症状に対する治験ボランティアが募集されています。治験ボランティアにご参加いただける方には謝礼が用意されているケースがあります。

AGA治験モニター(男性型脱毛症)
糖尿病無償検診モニター(無償の血液検査付)

また、このほかの治験に関する情報は「治験情報サイトニューイング」などでも確認することができます。